マンションは10~15年に一度のペースで大規模修繕工事を必要としますが、その際には「長期修繕計画」を作成する必要があります。しかし、その必要性・重要性を理解していないと、なかなか前向きに長期修繕計画を作成できないのではないかと思います。そこで、長期修繕計画の重要性について解説します。

住人の理解を得る

住人の理解を得る

第一の目的は「住人の理解を得る」ことです。大規模修繕工事には相当な費用と期間を必要とします。費用は積み立てが必要で、工事期間中は工事による騒音と異臭に悩まされることになります。

そのため、マンションの住人の中には「大規模修繕はまだ先で良い」と考える人も少なくないのです。長期修繕計画を作成することは、住人の大規模修繕工事に対する意思統一を図るのに最適です。

「急に大規模工事を行うことを告げられる」のと「長期間、大規模工事について計画を練ってきた」のでは、後者のほうが理解を示してくれる可能性が高いです。

住人の管理意識を高められる

二つ目は「住人の管理意識を高められる」ことです。

マンションに住む住人は「専有部分」には注意を向けていても、「共用部分」についてはそれほど気を使うことがありません。そのため、共用部分の維持管理が疎かになってしまうのです。大規模修繕を行うのは、基本的に共用部分です。

長期修繕計画を作成して周知することによって、今まで気にしていなかった共用部分の管理や利用方法についての意識が高まります。共用部分の小さな不具合や異常に気が付くケースが多くなることで共用部分の修繕等の対処が早くなり、修繕費用を節約したり、建物の資産価値の維持に寄与したりするなどのメリットが考えられます。

修繕工事の内容や費用を明確にし、修繕積立金の額の根拠を明確にする

修繕工事の内容や費用を明確にし、修繕積立金の額の根拠を明確にする

三つ目は「修繕工事の内容・費用を明確にすること」と、それに伴う「修繕積立金の金額の根拠を明確にすること」が挙げられます。冒頭でも述べていますが、大規模修繕には相当な費用がかかります。

ある調査によると、分譲マンションの大規模修繕工事にかかる費用は、80%のケースで1000万円以上の費用がかかっています。かかる費用は工事内容や業者により異なりますので、明確に「いくら積み立てれば足りる」という金額はわかりません。長期修繕計画では、どのような工事が必要であり、どれくらいの期間と費用が必要であるかの概算が立てられます。

修繕積立金はその概算額を根拠に決められるため、いざ大規模修繕を行う段階になって、費用が足りないリスクを減らすことができます。

上記から、長期修繕計画は大規模修繕工事に臨むにあたって様々な意味を持つことがわかります。マンションで長く安心して暮らしていくためにも、長期修繕計画をきちんと作成して、スムーズに大規模修繕工事を進めましょう。

建物診断から大規模修繕工事のコンサルティングまで一括請負が可能な株式会社創和三幸設計は、マンションコンサルタントとして長年のコンサルティング経験をフルに活用してマンションの大規模修繕工事をサポートいたします。まずはお気軽にご相談ください。

マンションの長期修繕計画に関する相談は株式会社創和三幸設計へ

会社名 株式会社 創和三幸設計
本社 横浜市中区日本大通60 朝日生命横浜ビル7階
支店 東京都中央区銀座8-18-11 OGURAビル8階
TEL. 03-6264-2644 FAX. 03-6264-2645
TEL 045-255-8963
FAX 045-255-8964
代表取締役 佐藤 稔
設立 2018年9月に改組
資本金 3,000万円
事業内容 マンション・ビル等の修繕設計・監理・長期修繕計画策定
建物調査・診断・建築定期点検業務、耐震診断・耐震補強設計
駐車場増改築設計・監理、一団地認定申請手続き
集合住宅・店舗・福祉施設等新築増築設計・監理
公共施設(学校・庁舎・公園等)設計・監理
登録等 一級建築士事務所: 神奈川県知事登録 4045 号
加盟団体 (公社)日本建築家協会正会員 建築相談員
(一社)神奈川県建築士会正会員 技術情報委員会委員
NPO横須賀マンションネットワーク
(財)マンション管理センター連携事業グループ マンション保全設計協会
(一社)東京都マンション管理士会
加入保険 建築士賠償責任保証制度
技術者 一級・二級建築士、1級・2級建築施工管理技士、マンション管理士、コンクリート診断士
URL https://www.sowasankosekkei.co.jp/